世界はもっと面白いはずでしょ

服と写真が好きな女の子の備忘録

ひいおじいちゃんとサヨナラしました。

久しぶりのブログはめちゃめちゃプライベートなお話です。 

f:id:ufo_21:20180630194804j:image

 

タイトルの通り、先月ひいおじいちゃんとお別れをしました。95歳でした。

 

最後にひいおじいちゃんと会ってお話をしたのも先月、ひいおばあちゃんの七回忌をしたとき。

 

さすがに95歳なので同じ言葉を繰り返したり少しボケてるところはあったけど、杖があれば1人でも歩けるし「ゆうほが結婚するまでは死ねない」と言ってくれるほど元気でした。

 

「じいちゃん、次会うときまで元気でいてね!」

 

とお別れをした数日後の深夜、病院に運ばれて亡くなってしまいました。

 

死因は「老衰」

 

健康で元気だったおじいちゃんは、そこまで苦しむことも辛い思いもすることなく旅立ちました。

 

「きっと、ひいおばあちゃんが迎えにきたんだ」

 

そう思うと、お別れはもちろん寂しいけど少し温かい気持ちになれたし、家族全員が元気な姿も見れて会話もできた直後だったので後悔なく見送ることができました。

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

ちなみに私は「仕事忙しい〜結婚したい〜」とか言ってる間に気づいたら30歳になってるタラレバ予備軍だと自負しています。それでも今の所いつかは結婚できると思ってるし、出産もできると信じています。

 

でも、ひいおじいちゃんとお別れをしてから少しだけ考えが変わったというか、新たに思うことがありました。

 

それは、お父さん・お母さんはもちろん、家族が元気なうちに自分の子供を見せてあげたいということ。家族みんなに優しくて愛されてたひいおじいちゃんは、灰になる前6人の孫と9人のひ孫に囲まれていました。

 

その光景を見たときに、誰かと結婚して、子供を生んで、子育てをして、大人になった子供がまた誰かと結婚する。

 

そんな所謂当たり前・普通と言われる人生を過ごすことは本当にすごいことなんだなと感じました。同時に、家族に囲まれて旅立つことってすごく幸せな最後なんじゃないかなとも思いました。

 

生き方も多様になってきいるこの時代、結婚するだけが、子供を生むだけが幸せじゃないのは分かってる。体が不自由になるまで長生きする意味もないんじゃないかなって思うときもある。

 

それでも家族を愛して愛されたひいおじいちゃんの人生は、95年生きた意味があったんじゃないかな。

 

f:id:ufo_21:20180630194554j:image

 

その幸せを親に感じて欲しいし、自分も感じられたらいいなって思ったりしたのでした。

 

24歳、社会人2年目。多分きっとまだ若い

こんばんは、私です。

なんか色々思ったこと書いてたら支離滅裂になってしまい大幅に書き直した結果、短い記事になってしまいました(笑)

 

 f:id:ufo_21:20170727190318j:image

 

今年24歳になる年齢なんですけど、"もう若くないなあ"って気持ちと"まだ若いなあ"って気持ちがいったりきたりしてるんですよね。

 

社会人になって、「なんでもかんでも好きなことができる状況じゃなくなったんだな」とか「結婚して子供産むって考えたらお金が必要だな」とか考えてる時点で"もう若くないなあ"って思うし、

 

社会人2年目って考えると、「これから先まだなんでもできるんじゃないかな」とか大人と会ったときに「若いね」って言ってもらえて"まだ若いんだなあ"って感じるし。

  

 

「何言ってんだ、まだ若いだろ!」

 

 

とか思われると思うんですけど、20歳のころに比べて少し大人になってしまったので、新しい1歩を踏み出そうとするとき、お金/キャリア/社会的信用/将来とかとか余計なことを考えてしまうんですよ。

 

でも、

 

「それって自分自身の可能性を潰してるのかも」

 

とも最近思うのです。

 

私は結婚したり子供を育てたりしたいと思うけど、一生働いていたいとも思っています。(できれば好きなことを仕事にしていたい!)

 

将来のことを考えると今からしっかり地に足つけた方がいいのかもしれないけど、今の私はそこに夢を描けないんですよね。

 

 

やっぱり自分の毎日はキラキラ輝いているものであって欲しい!!

 

 

余計な心配ごとや不安が頭によぎってしまう日々だけど、来年生きてる保証もないので考えるだけ無駄な気もしています。だったら、少しでもキラキラした未来を想像していようと思います。

 

 

本当に地に足つけるべきときがきたら、私はその時にちゃんと考えると信じています。

24歳はまだがむしゃらに生きることができる年齢なのかもしれません。

 

 f:id:ufo_21:20170727190959j:image

 

なんかうだうだと考えごとを書いてしまいましたが、、、

 

もう若くないのかまだ若いのか、はっきりとした結論はでないけど24歳、社会人2年目、少し大人になったけど多分きっとまだ若い。

 

10年後なんて分からない

おはようございます。

昨日書いた記事が思ったよりも読んでもらえて嬉し恥ずかしい私です。 

f:id:ufo_21:20170723131459j:image 

やけに暗いタイトルになってしまいましたが…最近、「10年後どうなっていたい?」とか「将来のキャリアとか考えてる?」って聞かれることが結構ありまして。

その度に唸りながら考えてみるものの、特別なりたい職業とか目標があるわけでもなく、なかなか答えられないんですよね。

 

もちろんぼんやり「結婚してたいな」とか「子供も欲しいな」とかはあるけど、多分聞かれてることはそういうことでは無くて。

f:id:ufo_21:20170723131655j:image 

小さい頃から、将来は「誰かを笑顔にできる仕事がしたい」って思ってたけど、それで言うとケーキ屋さんとかお花屋さんとかでもよくて。

お客さんとか関わってくれる人が幸せな気持ちになってくれて、しかも自分も楽しいって思える仕事なら最高じゃない???

 

ってずっと思ってきたし今も思ってるんですよ。

 

だから、何を仕事にしようかな?って考えたときに

好きなのは服とか音楽とかだな〜

好きなことを吸収・発信しながら他の人も幸せに出来たら素敵だな〜

って気付いて、雑誌に憧れたりメディアに憧れたりしたんです。でも、10年後も絶対編集やってたい!って思うほどではないし、他にも楽しい仕事はたくさんあると思ってます。

 

だから、具体的に「何になりたい?」って聞かれても困っちゃう。

 

それに今は時代の流れが早いから、自分がこれだ!って思ってたものが1年後もあるかどうかって分からないじゃないですか。10年後なんて不確定すぎて想像し辛いし、個人的には

 

"1年後も3年後も何やってるかは分からないけど、毎日自分も関わってくれる人も楽しく過ごせてたらいいな"

 

くらいに思ってる方が、変化に柔軟に対応できたり悩みすぎたりしなくて済むと思うんです。(※個人の感想です)

 

目標に向かって努力をしてる人は凄いと思うし純粋に応援してるけど、私にとっては10年後はぼんやりとしたものでいいかなって思ってます。

が、具体的な答えを求められることもあるのでもう少しちゃんと考えないといけないかなと頭を悩ませていたりもします…。

 

f:id:ufo_21:20170723132840j:image

 

ま、兎にも角にも

 1年後、3年後、10年後、毎日が楽しいって思えていますよーに!

コンプレックスがあったから、ファッションに恋をした

いきなりですが、私の身長は170cmです。

中学入学時は158cm

高校入学時は168cm

と、昔から背の順は1番後ろか、後ろから2番目。

男子よりも大きな身長はずっとコンプレックスでした。

 f:id:ufo_21:20170722151616j:image

 

小さい頃から大人達は「細くて背高いなんてモデルさんみたいだね〜」と褒めてくれたけど、顔が可愛くないんだからモデルになんてなれるわけもなく、大人は適当だなと思いながら生きてきました。

 

女の子と並べば頭1つ出る、人と目があえばすぐ足元見られる、中学では巨神兵と呼ばれ、スカイツリーが出来たと同時にスカイツリーと呼ばれる。(いじめられてはないです多分)

高身長あるあるなら、書いても書ききれないくらいあります。だから、167cm以上の女の子には無条件で親近感を感じちゃうし仲間意識が芽生えるんですよね。

 

 

まあ、前置きはこの辺にして…

 

 

自分の身長を受け入れて好きになれたのは、高校卒業してからなんですよね。

大学に入ったら、

「周りの女の子がヒールを履いてる!!」

「男子の身長がすごく高い!!!!!」

って感じで自分の身長が気にならなくなりました。

 

更に、当時流行っていたマキシ丈ワンピースとかを着ていくと、周りに何故か褒められたんですよ。

背が高いから、他の女の子よりバランス良く着れてたんですよね。

 

そこから、段々と自分の体型に合う服を選んで着ることが楽しくなりました。が、腕も足も普通の女の子より多少長いので日本のフリーサイズは全くフリーサイズじゃないんですよ。

膝丈ワンピースは膝上になってバランス悪いし、

袖も足りないから萌え袖?なにそれ??状態だし。

  

だから、私はメンズライクな服を好むようになったし、スニーカーが好きになりました。

メンズの古着はオーバーサイズのアイテムが多いので、着るだけでゆるっとしたシルエットになってくれるし、他の女の子と違う服を着てるだけで「お洒落だね!」って言われることも増えました。 


f:id:ufo_21:20170722151947j:image 


そして、古着屋さんで自分だけの1着を探し出す楽しさを知った私は、社会人になって女性らしい服も着るようになりました。


大人になったからとか、アパレル会社と関わる仕事だからとか、色んな理由はあるけど、"メンズライクな古着とオフショルとか流行りのアイテムを組合せて自分らしく着こなせる"のが最高に楽しいんですよ。

 

『私らしいスタイル』

 

が段々と作れてきてるなあ、と実感できるのが嬉しくて楽しくて、洋服を着るのが好きになる。(服はインスタにたくさん載せてます。)

www.instagram.com

 

顔も頭も良くない私が、自分を受け入れて表現するのには、ファッションが必要でした。

お気に入りの服を着る度に心は踊るし、自信が沸いてくる。

コンプレックスを隠すために着るんじゃなくて、コンプレックスを活かすためにファッションはあるんだなって思うんです。

 

「お前は背が高いからだろ!」って思われるかもしれないけど、私がネット上で「この子の着こなしかわいい〜!超好き!!!」って思う子ってだいたい背低いんですよ(笑)

 

自分が好きなテイストは、身長が低い子の方が可愛らしく着こなせてたりするから悔しいけど、私は私が着てしっくりくる服を纏っていたいな、と思うのです。

 

モテるための服とかも否定はしないけど、自分の好きなところも嫌いなところもまとめて受け止めて、「自分はこんな人間です」って説明できる服をみんなが着ることができたら、世の中もっと幸せになるんじゃないかなって思います。

 

 

ファッションを通してもっとたくさんの人がハッピーになれたらいいなあ。

f:id:ufo_21:20170722152107j:image

 

改めまして、こんにちは。

初めまして、お久しぶりです。

f:id:ufo_21:20170722140144j:image

私は東京の渋谷辺りに生息している

ごく普通の女の子(23歳)です。

私については、おいおいブログ内で書いていきますね。

 

 

1年ちょっと前に記事を書いてから、色々あり閉じていたこのブログ。(諸事情により前の記事は消えていますが…。)

プライベートの時間に余裕もできたし、最近文章書いてなかったし、と思い立ってブログを再開することにしました。

 

が、続くかどうかも分からないし読むことで何かを得られる保証もないこのブログを本垢に晒すのも気恥ずかしいなあ、という思いからブログ用のアカウントを作ってみました。(@ufo_ogu) 

そもそもこのアカウントが続くのかどうかという問題もある…。

 

備忘録的にも、思ってることとか感じたこととか書いていくので、どうか温かい目で見て頂けると嬉しいです。


よろしくお願いします♡