世界はもっと面白いはずでしょ

23歳、服と写真が好きな女の子の備忘録

24歳、社会人2年目。多分きっとまだ若い

こんばんは、私です。

なんか色々思ったこと書いてたら支離滅裂になってしまい大幅に書き直した結果、短い記事になってしまいました(笑)

 

 f:id:ufo_21:20170727190318j:image

 

今年24歳になる年齢なんですけど、"もう若くないなあ"って気持ちと"まだ若いなあ"って気持ちがいったりきたりしてるんですよね。

 

社会人になって、「なんでもかんでも好きなことができる状況じゃなくなったんだな」とか「結婚して子供産むって考えたらお金が必要だな」とか考えてる時点で"もう若くないなあ"って思うし、

 

社会人2年目って考えると、「これから先まだなんでもできるんじゃないかな」とか大人と会ったときに「若いね」って言ってもらえて"まだ若いんだなあ"って感じるし。

  

 

「何言ってんだ、まだ若いだろ!」

 

 

とか思われると思うんですけど、20歳のころに比べて少し大人になってしまったので、新しい1歩を踏み出そうとするとき、お金/キャリア/社会的信用/将来とかとか余計なことを考えてしまうんですよ。

 

でも、

 

「それって自分自身の可能性を潰してるのかも」

 

とも最近思うのです。

 

私は結婚したり子供を育てたりしたいと思うけど、一生働いていたいとも思っています。(できれば好きなことを仕事にしていたい!)

 

将来のことを考えると今からしっかり地に足つけた方がいいのかもしれないけど、今の私はそこに夢を描けないんですよね。

 

 

やっぱり自分の毎日はキラキラ輝いているものであって欲しい!!

 

 

余計な心配ごとや不安が頭によぎってしまう日々だけど、来年生きてる保証もないので考えるだけ無駄な気もしています。だったら、少しでもキラキラした未来を想像していようと思います。

 

 

本当に地に足つけるべきときがきたら、私はその時にちゃんと考えると信じています。

24歳はまだがむしゃらに生きることができる年齢なのかもしれません。

 

 f:id:ufo_21:20170727190959j:image

 

なんかうだうだと考えごとを書いてしまいましたが、、、

 

もう若くないのかまだ若いのか、はっきりとした結論はでないけど24歳、社会人2年目、少し大人になったけど多分きっとまだ若い。